100 Days Celebrate!百日目のお祝い

落葉

あっという間に、葉月も本日で最後。

庭の木々に落葉が見られるようになりました。

風流だなぁ、なんて思いつつも、
庭の掃除が大変だぁなんて、現実に引き戻されたりしてます。

 

昨日は、食い初めのお祝いでのご来店がありました。

食い初め 鯛のお造り

お食い初め 鯛のお造り

食い初め(くいぞめ)や真名初め(まなぞめ)といった言葉を聞いたことがあるでしょうか?

食い初めというのは
赤ちゃんの健やかな成長と、「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。

◆食い初めの歴史

平安時代から続くお祝いで、生後100日目(地域によっては110日目や120日目)に行われます。
生後初めてご飯を食べさせるお祝いですが、実際に食べさせるわけではなく、食べる真似をするだけなので、用意する料理は離乳食ではなく儀式用の食事です。

◆お料理

料理の内容は一汁三菜が基本で、
ご飯は赤飯、魚は鯛を使うことが多いですね。

あとはなぜか小石をお膳に乗せます。

食い初め お膳

お食い初め お膳

これは「歯固め石」といって、「歯が丈夫になりますように」という意味があります。

◆儀式のやり方

まず箸役を決めます。
赤ちゃんの祖父母や、親戚の中の最年長の人にお願いします。長寿にあやかるという意味ですね。

赤ちゃんが男の子なら男性に、女の子なら女性にお願いするのが一般的です。
おじいちゃんおばあちゃんの出番ですね。

 

 <お食い初め>

箸役がひざの上に赤ちゃんを乗せて、食べさせる真似をします。

順番は

ご飯→汁→ご飯→魚→汁

これを、三回繰り返します。

もし、食べられるようであれば、ご飯粒を一粒だけ食べさせてあげると良いみたいです。

<歯固め>

食べさせるまねをしたあと、歯固めをします。

歯固め石に箸を触れてから、その箸を赤ちゃんの歯茎にそっとあてて
「石のように丈夫な歯が生えますように」と祈願します。
このあと、食い初めのお膳を全員でいただきます。
ここまでが、食い初めの一連の流れです。
無事儀式が終わったら、大人たちでお食事を始めてください。

 

食い初め 鯛の塩焼き

お食い初め 鯛の塩焼き

赤ちゃんを囲んでの儀式は、笑顔が絶えない明るいものですね。

昨日のお客様も、儀式の手順はおっかなびっくり。

でも、おじいちゃんが慎重に箸役を務めている姿や
その姿をビデオにおさめるお父さんが
なんとも微笑ましい光景でした。
100日間無事に成長してくれてありがとう
これからも健康で丈夫に育ってね。
お食い初めの際は、むとうへお電話ください。
0537-24-8188

【顔合せと結納のあれこれ】

 

先日ご来店いただいたお客様と、思い出話で盛り上がってしまいました。

もう、お付き合いも十年以上経つんですね。
ありがたいことです。

今回は年忌法要でのご来店でしたが、最初はお顔合せでしたね。

お子さんのお顔合せ、結納、帯祝い、食い初めなど、おめでたい席でのお食事も
務めさせていただきました。

今日は、お祝い事のお話です。

当店でもっとも問い合わせが多いのは「顔合せ」「結納」。

これから結婚されるお二人で取り仕切る最初の行事です。

 

 

◆そもそも顔合せとか、結納って??

結婚が決まって、両親や周囲に言われてから知ることも多いみたいです。

簡単に言ってしまうと

「顔合せ」

お二人が中心となって、お互いの親同士を紹介すること。
親と親の顔合せです。
お食事会がメインですので、和やかな雰囲気で談笑できると良いですね。

「結納式」

お二人が夫婦になる儀式が結婚式であるように家族同士が親戚になる儀式が結納式です。
通常、式を行った後に食事会が催されます。

 

◆やる必要あるの?

意外と言われます(^^;
そのままご両親に言ってみて、叱られたなんて話もお聞きします。

結婚式前後の準備から始まって結婚後も、両家ご両親の理解が深いほど
お二人のご家庭が円満になるといわれています。
(結婚紹介の大手企業のデータでも出ていました)

ご両親同士が仲が良いと、お二人のそれぞれへの
気づかいも大きく変わってきますよね。

堅苦しく考えるよりも、ご両親とお二人のためにも
顔合せや結納式は行うことをお勧めします。

 

◆顔合せ・結納のパターン

結納の座敷

ご結納のご予約参考写真

 

それぞれ前々項に記載したとおり、主旨が違うものです。

本来は結婚が決まったら顔合せをして、その後日を改めて結納式を開催しますが、
最近は、結納代わりの顔合せをする方も多くなっていますね。

「結納前の顔合せ」

結婚が決まったら両家のご挨拶を兼ねて開く食事会です。
結納式や結婚式など、今後の段取りについて両家の意向を調整したり、
当日までにお互いの親睦を深めることができます。

「結納代わりの顔合せ」

結納の代わりとしてお互いの家族を紹介するための和やかな食事会です。

式を行わない代わりに、記念品の交換などのイベントを盛り込むケースも増えています。

 

◆気になる予算はどのくらい?

結納と顔合せを別に行う場合、
一人当たり1万円前後が妥当と言われています。

お食事会がメインですので、
ご両親にも納得いただける料理を選ばれますので
料亭や高級レストランの個室で行うことが多いです。

当店でしたら、7,000円〜10,000円のコースを注文されることが多いです。

結納代わりの顔合せの場合も、ご予算は大きくは変わりませんが
結納を行わない分、平均があがる傾向にありますね。

当店でしたら、
8,000円〜12,000円のコースでご注文いただくことが多いです。

 

顔合せでほとんどの方が苦労するのが、事前調整と当日の会話選び。

事前調整では、記念品の贈答はあるのか、
食事代は誰が支払うのか、食べ物の好き嫌いは
などなど、あらかじめ確認しておきたいところです。

ご両親も経験済みのことですので、
事前調整をしっかり出来ると好感度アップです。

また、親同士の趣味やお酒の嗜好なども
分かっていると当日の会話がスムーズですね。

 

ご予約の際は、そのあたりも含めてご相談いただけましたら、
当日の雰囲気作りや、お料理のアレンジでお手伝いさせていただきます。
顔合せはお二人の結婚を正式に認める大切な第一歩です。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

法事は精進料理!?

夏もそろそろ終わりに近づいていますね。
朝の庭木や草むしりが少し楽になってきました。

この夏、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

むとうでは、お盆の法事が終わって少し落ちついきた感があります。

毎年お盆の季節になると、
帰省されたお子さんとのお食事会や、初盆などの法事でのお食事など
たくさんのお客様がお見えになります。

◆法事は精進料理!?

法事料理

法事料理コース 会席料理

 

一般的に法要と呼ばれているのは、仏教の言葉で
故人を偲び冥福を祈って供養いたします。
本来は仏教の戒律に従った精進料理ですので、肉類などを避けて
野菜・山菜・穀類を中心としたものになります。

当店でも、法要料理は基本的に精進料理をベースにしています。
とはいえ
菜食だけにこだわり過ぎる必要もないので
お刺身などの魚介もお出ししています。

あまりかしこまってしまうよりも、
皆さんが楽しく過ごしていただくことで
故人との思い出を語り合っていただくお気持ちが大切
なんだと思います。

みなさんが、楽しく過ごしていただけるよう
気持ちが楽になっていただけるような
お料理と雰囲気をご用意し続けていきたいと思っています。

故人の好きだった食べ物や、思い出の食材など
ご予約の際はご相談ください。

もちろんご希望のお客様には、本格的な精進料理をご用意いたします。
お気軽にご相談ください。

 

◆法事の種類

法事には忌日法要と年忌法要があります。

<忌日法要>

初七日、四十九日など、死後七日ごとに行います。
一般的には、初七日と四十九日だけを行うことが多いです。
※死後四十九日までの間は、故人があの世とこの世の間をさまよっていると言われています。
その為、四十九日の法要で故人が極楽浄土にいけるように法要を行います。

<年忌法要>

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などがあります。
故人の徳を偲び、極楽浄土での更なる精進の道へ導くものとされています。
親族で集まる機会も少なくなってきていますので、親族がお互いの近況を確かめ合ったり
故人との思い出を語り合うことができる良い機会ともいえます。

 

2014年8月の臨時休業日

いつも、掛茶料理むとうをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

お盆期間営業につき、下記の日程で臨時休業とさせていただきます。

 

【臨時休業日】
8月19日(火)、26日(火)

【定休日】
8月18日(月)、25日(月)

 

尚、8月25日(月)はご予約のお客様のみの営業となります。
 

今後とも、何卒『掛茶料理むとう』をよろしくお願い申し上げます。