友人ととらふぐと還暦祝い

こんにちは!拓郎です。

 

昨日は朝から野菜を仕入れに移動移動移動・・・

ちょうど野菜も端境期で、葉物が少ないこと。

タアサイなるものが出ていたので、試しに買ってみました。

img_0243

よく見るとチンゲンサイに似ている。

調べてみると、チンゲンサイや白菜と同じアブラナ科だそうな。

どうりで似ている訳だ。

アクが少なく、炒め物、煮物、吸い物などなどなんでもいけるそう。

注目すべきはβカロテンの多さ。

体内に入ると、身体の必要な分だけビタミンAに変化し、皮膚や粘膜の保護や、強い抗酸化作用により、免疫力アップ、老化防止になるそうだ。

これは食べなくては。

油と一緒に摂取するとより効果的。

一株150円で売られていたので、もっと買ってくればよかったと今更ながらに思った。

 

ブロッコリーも出始めたが、まだまだ高い。

img_0244

気候が急に温かくなったせいか、芽の詰まりが悪い。

試しに買ってきたものの、お店で出せるような代物ではないので、まかない行きかもしれない。

 

あとは、いつも買いに行く場所は沿岸部で日照と潮風、土質が根菜類に向いていることから、今年も美味しい里芋とさつまいもが確保できた。

お店では主に煮物と蒸し野菜に使うところだけども、さつまいもの値段も下がってきたので、そろそろデザート用に加工してみようかと思う。

img_0246

仕入れからの帰り道、不意に電話が鳴った。

知らない電話番号。

出てみると、なんと幼稚園、小学校、中学校と共にした旧友ではないか!

電話番号を変えたそうな。

拓「久しぶり!どうしたよ?」

と聞いてみると、

旧友T「実は今日、親父の還暦で・・・。夜実家でご飯食べて済ませようかと思ってたんだけど、ちゃんとお祝いしたいなと思って。で、急で申し訳ないんだけど、今日の夜、お願いできる?」

と。

拓「3人ね。大丈夫だよ!」

 

そんなこんなで、お店に戻るなり、父と料理の相談。

 

拓「1人◯千円の予算なんだけど・・」

父「お祝いだし、福=ふぐ だから、てっさとてっちり出してあげれば?」

 

と。

天然とらふぐがちょうど入っていたので、お祝いといえば鯛、のところをふぐに変更。

 

前菜担当の兄「お祝いだから、呑むんだよね?呑む前提でおつまみ風にしちゃったけど。」

拓「呑むってよ。良いと思います!」

img_0261

友人T君は、あん肝の酢味噌かけ(写真黄色皿)、とても気に入ってました。

美味しいよね、あん肝。自分もあん肝、好きだもの。笑

 

 

父がてっさを引き、

兄が前菜を作り、

自分は揚げ物とデザートを。

img_0250

 

友人家族は3人だったので、来店してからはひたすら1人で作ってお話して作っての繰り返し。笑

てっさの大皿もいつもより多め。

img_0254

 

還暦のお父さんも、開運吟醸を気に入ったそうで、立て続けに開運開運(日本酒)。

友人Tは、自家製の梅酒という言葉にそそられたらしく、梅酒ロック。

それも、泡盛で付けた9年物の泡盛梅酒。

 

お料理は、

前菜

ふぐ茶碗蒸し

てっさ(大皿)

てっちり(天然とらふぐ鍋)

桜えびのかき揚げ
(サクッとしていて、香りもいいのでとても喜んでもらえた。)

ふぐ雑炊

デザート

 

桜えびのかき揚げ、自分で揚げて自分でお客さんに出すということは普段できないので、

直に感想が聞けてよかった!

サクサク加減と美味しさに驚いて貰えたのと、友人家族に振る舞えたことがとても嬉しかった。

 

なにせ、タワー型にして、サクサク。箸で触ると簡単に崩れる硬さで、

桜えびの香りも甘みも失わずにパリッと揚げられて、なおかつ毎回安定した品質にするまでまるまる1年かかりましたから。

桜えびの大きさや水分量によっても天ぷら衣の割合が違うので結構な難易度でした・・・。

 

T君のお父さんは、鍋の時点で

「そろそろお腹いっぱいだな・・・」

なんて言ってましたが、

「ふぐ鍋の醍醐味は雑炊でしょう!」

と、ここぞとばかりに通常ご飯量の1.5倍で鍋に作りました。
(写真撮ってる余裕がなかった←ので替りにてっちりの盛り合わせの写真だけ)

img_0247

 

遠州の天然とらふぐって、とても香りが良くて、甘みと旨味が強いんですよね。

さっき言ってた「お腹いっぱい」はどこへやら。

一口食べて、

「これは美味い!これならいける!」

と、普段こんなにテンションの高い友人T君のお父さんを見たことがあるだろうか、

というハイペースで、ご飯1粒残さず完食。

 

デザートも、試行錯誤してきた、地元製餡所の白餡と掛川茶で作った羊羹を気に入っていただけたようで。

img_0274

夜、T君からLINEが入り、

『今日はありがとう!両親の節目をちゃんと祝ったのは初めてだったんだけど、親も喜んでくれたでよかった。』

と。

また来てねーと。

 

今は東京に居るそうなので、今度訪ねに行こうかな。

img_0281

顔が大きいからとか言ってふざけて撮影。遠近法で更に友人の大きさを際立たせる作戦。

 

img_0275 img_0285

今週も頑張ろうっと。

野菜と今日のお料理。

こんばんは。拓郎です!

本日は晴れでしたが掛川は朝から冷えこみました・・・。
静岡県内でも特に寒い地域なんですよね。

雪は降らないのに、昔から「遠州のからっ風」と言って、
冬場は乾いた風が強く吹きます。

氷点下にもなるのですが雪は降りません。
遠くに見える富士山やアルプス山脈が白くなるくらいです(~_~;)

さて、今日は朝から野菜を仕入れに大東方面と倉見方面へ行ってきました。

旧大東町にあるミナクル市大城店は週に3回も行くような常連ぶりですが^^;

大東は沿岸沿いだけあって、根ものが美味しいんですよね。

この季節は芋。特に今日買ったさつまいもは格別美味しかったです!

お芋の品種は「紅はるか」という品種なのですが、
大石さんの出していたさつまいもがとても甘かった!

紅はるかを蒸したところ

紅はるかを蒸したところ

本当は今日明日のご予約用にさつまいもをペースト状加工して出す予定でしたが、あまりに蜜が多くて潰すのが勿体ないということで

急遽そのままカットで出すことに。

_DSC1405

生産者さんの名前覚えておいてまた買ってこようっと。

その後は、母の友人に大根がたくさんあるから欲しければあげるよー
と言っていただいたので、そちらの畑へ。

お店から10kmもない距離でしたが、広大な畑と綺麗な川が。
さすがに清流とまでは行きませんが、透き通ってました。

_DSC1385_DSC1393

こちらの畑、なんと2月の頭には団地建設のために埋め立てられるんですって。
残念。とても綺麗なところなのに。

畑に案内していただくと大根がこんなに。

_DSC1388

「好きなだけとっていいよー」と言っていただいたのですが、
さすがにこれだけで手一杯でした(^_^;)

_DSC1390

自分で畑に入って収穫するのは高知にいた時以来なので
懐かしいような新鮮なような。

こちらの畑は作られてるお母さんが農薬嫌いだそうで、
無農薬、さらには牛舎も近くに持っているらしく、
その堆肥を使っているのだそう。

芯も入ってないし、抜いてみたらかなり綺麗な大根でした。
「農薬やってないからどうしても虫食いがあるんだけどね〜(^_^;)」
と言ってましたが、てんとう虫がいるところを見ると和みます(笑

畑にいたてんとう虫

畑にいたてんとう虫

これは味に期待できますね。(^^ゞ

兎にも角にも、やっぱり畑は楽しいですね。

今年は自分でも野菜つくろうかな・・・

戻ってきてから外の冷たーい水で泥を落とし、

葉を切りとり。

葉を残した2本は親方(父)が干して漬物にすると。

葉を残して干すと甘くなるそうです。

知らなかった!

IMG_0008

ちなみにこんな形の大根もありました。

人みたいな大根

人みたいな大根

さすがに形が悪いので、大根おろしになる予定ですが、
なんだか人形?みたいでかわいいです(笑

【夜のおはなし】

今日は夜、ご予約でふぐのコースをお選び頂いたお客様が3名、
それも遠路はるばる兵庫からお越しくださいました。

_DSC1394

お帰りの際、

「観光でいらしたんですか?」

と兄が尋ねた所、

「いいえ、こちらのふぐがメインです!」

と。

話を聞くと、遠州灘のふぐが最高だ!というテレビを見て、いろいろな所に問い合わせ、探してもらった所当店を紹介されたそう。

「ご期待に添えましたでしょうか?」

と尋ねると

「大変満足しました!」

と嬉しいお言葉をいただきました!

もう一組のお客様もご家族4名様でご来店いただいたのですが、
掛茶御膳を食べて、おいしいかった!と笑顔でお帰りになりました。

普段僕は調理場にいるので、なかなかお客様と接する機会がないのですが、
話を又聞きするだけでも嬉しくなるものなんですね。

明日も頑張ろう。。。

拓郎

【本日のお品書き】

掛茶会席 5,000円コース

■前 菜
・掛川産 むかごの白和え
・遠州灘 ふぐの煮こごり
・セリのお浸し

■蒸 物
・鯛の蕪蒸し(かぶらむし)

鯛の蕪蒸し

鯛の蕪蒸し

■お造り
・御前崎漁港 天然ぶり、鮪、甘えび、妻一式

■鍋
・豆乳鍋

■焼 物
・さわらの幽庵焼き(ゆあんやき)

■揚 物
・静岡県由比町産 桜えびのかき揚げ

■お食事
・とり出汁野菜雑炊

■甘 味
・本日のデザート
(丹波黒豆・掛川産キウイフルーツ・掛川産苺・抹茶くず餅・杏仁豆腐)

全8品。
掛茶会席 5,000円(税・サ別)

【遠州灘 天然とらふぐ コース】3名様

■先 付
・ふぐの湯引きからし酢味噌がけ
・ふぐの煮こごり
・ふぐとセリのお浸し

■お造り
・てっさ(ふぐの刺身)

遠州灘 天然とらふぐ てっさ

遠州灘 天然とらふぐ てっさ

■鍋
・てっちり(ふぐ鍋)

遠州灘 天然とらふぐ てっちり

遠州灘 天然とらふぐ てっちり

 

■揚 物
・ふぐの唐揚げ

遠州灘 天然とらふぐ 唐揚げ

遠州灘 天然とらふぐ 唐揚げ

■お食事
・ふぐ雑炊

■甘 味
・本日のデザート
(丹波黒豆・掛川産キウイフルーツ・掛川産苺・抹茶くず餅・杏仁豆腐)
デザート

今週のお魚仕入れ。

こんにちは!

むとうです。

 

今朝は親方が魚市場へ。

見事なカマスが上がっていたので、仕入れて来ました!

それがこちら。

今朝上がったカマス。

今朝上がったカマス。

 

カマスって結構薄っぺらく、体長も30cmくらいと基本的に小さいのですが、
今日のカマスは一回りから二回り大きい。

身の厚さも十二分にあり、お刺身にもできそうです!

カマスの身

カマスの身

 

あとは、フグが大量に。

ショウサイフグ

ショウサイフグ

網での漁だったそう。

このフグはショウサイフグ。
身と精巣が食用で、皮は食べられません。

訂正:一時期卵巣との表記がありましたが、精巣の間違いです。
ご連絡ありがとうございます。

ショウサイフグ説明

ショウサイフグ説明

 

一般的には、トラフグが有名ですが、
ショウサイフグも旨味があり、美味しいフグの種類です。
市場価格もトラフグに比べて安価なので、御手頃なフグでもあります。

先ほどご来店されたお客様にはさっそくお刺身として
ご提供させていただきました♪

ちょっと手抜きなブログですが、
ぼちぼち更新していきます。笑

 

※追伸:
フグを捌くためには、フグの調理師免許が必要です。
見た目がよく似ていても猛毒を含むフグがいることもあるため、
素人の方は真似をされないようご注意ください。