美味しい野菜を求めて60キロ。

こんにちは。拓郎です!

 

桜の花も散り、残るは桜の残骸の後始末・・・

駐車場の掃除が大変です。。。

 

さてさて、今に始まった話ではないのですが、

ちゃんと?写真を撮ったので、ここ最近廻っている野菜直販所を少し紹介したいと思います。

 

昨日の朝8時。家を出発。

9時。最初に到着するのは、磐田にあるJA直売所、どっさり市。

DSC_0703

開店と共に多くのお客さんがなだれ込み、自分もその中に紛れ込みます。

朝の直売所はまさに戦争。

常連の人に紛れて、お目当ての農家さんの品をゲット。

まるでスーパーのタイムセールです(笑

どっさり市は、葉物にとにかく強い。

根ものはやはり沿岸部にある直売所や農家さんがとてもいい物を作っているので、根ものは沿岸部、葉物は山の近く、といったところでしょうか。

 

甘味の強い春キャベツ、生で食べても平気な肉厚な法蓮草、小松菜、などなどを人の波をかき分け脱出。

ちなみにお客さんが少なく見えるのは、常連さん以外がゆったり買い物をされているだけで、常連さん(自分を含む)はお目当ての農家さんが居るので、その人のところだけ争奪戦になります。(^^;

 

DSC_0702

DSC_0701

 

9時20分。

朝食用の最近はまっているハンバーガーを購入。

どっさり市の横にあるサンドイッチ屋さんのハンバーガーがとにかく美味い。

DSC_0699

 

この大きさとボリュームで390円(税込)。

入っている野菜も直売所が横にあるのでとても美味しい。

写真では見えないですが、トマトなんかもしっかり入ってます。

DSC_0707

 

購入後、すぐに出発。

9時30分。2店舗目到着。

すぐ近くにあるスーパーのオープン時間。

このスーパー、地元野菜の直販をしていてさらに、ちょっと珍しい西洋野菜などの生産者さんも出しています。

アイスプラントやラディッシュなどなど。

ここでもやっぱり常連さんの列に混ざってオープンと同時に乱入。

お目当てのものを見つけて奪い去ります。

 

DSC_0698

 

9時45分、出発。

最初のころはこのラッシュ?のスピードに慣れずなかなかいい物を手に入れられなかったのですが、流石に3年もやってるとなれました。(笑

 

そこから海沿いの150号線を通り、名倉メロン農場の名倉さんに会いに「とうもんの里」へ。

10時15分着。

こちらも直販所をしているのですが、金・土・日のみの営業なので、昨日木曜日はお休み。

静かなのかと思いきや、いろんな関係者が出入りしていて割と賑やかでした。

DSC_0705

 

実は来月の5月16日に、生産者さんと料理人のネットワークグループ、ふじのくに食のネットワーク研鑽会を当店で開催するので、そこで使う野菜の打ち合わせ。

イベントに関しての詳細はまた後日・・・

畑の様子を見ながら桜の塩漬けを見せてもらったり、野菜の生育具合を聴いたりとして、気づいたらスナップエンドウと法蓮草の間引きしたものを頂いてました。

DSC_0706

少なそうにみえて、結構あるのです。

今日は偶然スナップエンドウのいい物に出会えず手ぶら状態だったのでラッキーでした。(沙*・ω・)

 

11時。営業開始までの余裕を見ていたのにこんな時間。

根ものが強いサンサンファーム(大東地区)は木曜定休なのでスルーし、

ミナクル市場へ。

他の直売所で買えなかった野菜たちを見つけ3分で買い物終了。

美味しい人参農家さんの人参が買えてよかった・・・

 

11時40分。お店到着。

ぎりぎり営業開始時間アウト。笑

仕入れた野菜たちはこんな感じでした。

DSC_0712 DSC_0710

 

昨日はあまり野菜の量が出ていなかったので少なめ。

今週、来週も予約が結構入っているのでどこかで買い足しにいかないといけないかなーと・・・

 

結局昨日の走行距離は60km。

MAX100kmオーバーに比べると少なめなのでまだマシでした。

が、朝の争奪戦を終えた身体は夕方に急激な眠気に襲われるので辛いです・・・・

 

今日のお客さんも、「蒸し野菜美味しい!」と言ってくれたので、疲れと相殺です。ヽ(´▽`)/

 

161111111420

 

今週のお魚仕入れ。

こんにちは!

むとうです。

 

今朝は親方が魚市場へ。

見事なカマスが上がっていたので、仕入れて来ました!

それがこちら。

今朝上がったカマス。

今朝上がったカマス。

 

カマスって結構薄っぺらく、体長も30cmくらいと基本的に小さいのですが、
今日のカマスは一回りから二回り大きい。

身の厚さも十二分にあり、お刺身にもできそうです!

カマスの身

カマスの身

 

あとは、フグが大量に。

ショウサイフグ

ショウサイフグ

網での漁だったそう。

このフグはショウサイフグ。
身と精巣が食用で、皮は食べられません。

訂正:一時期卵巣との表記がありましたが、精巣の間違いです。
ご連絡ありがとうございます。

ショウサイフグ説明

ショウサイフグ説明

 

一般的には、トラフグが有名ですが、
ショウサイフグも旨味があり、美味しいフグの種類です。
市場価格もトラフグに比べて安価なので、御手頃なフグでもあります。

先ほどご来店されたお客様にはさっそくお刺身として
ご提供させていただきました♪

ちょっと手抜きなブログですが、
ぼちぼち更新していきます。笑

 

※追伸:
フグを捌くためには、フグの調理師免許が必要です。
見た目がよく似ていても猛毒を含むフグがいることもあるため、
素人の方は真似をされないようご注意ください。