メニュー 閉じる

今日のエッセイ 「過去の亡霊」と「未来への希望」 2022年3月1日

過去と未来の境目。実は常に境目にいるのだけれど、それを意識することは少ない。歴史的な転換点は、振り返ってみて気づくことが多くて、リアルタイムで感じることはなかなか難しいものだ。 歴史の勉強をしているときには、既に過去のも…

今日のエッセイ 遠くの事象は距離感がつかみにくい。 2022年2月27日

どうも遠くの方を眺めると、誤差の幅を読み間違える。 「たべものラジオ」のこぼれ話です。 食べもののルーツを求めて歴史をさかのぼっていく。ところどころで、転換点がみつかる。転換点は、誰かが誰かに影響を与えていて、この出来事…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」こぼれ話。喋る人。 2022年2月15日

「たべものラジオ」のこぼれ話です。 結構たくさんの人から、「あんなに喋ってたら疲れるでしょ。大変だね。」と言われる。たしかに、体力は使うのだけれど、そこまでしんどいという感覚がないのだよね。何本分かまとめて収録をしていて…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」で思う、社会に関わるということ。 2022年2月11日

「たべものラジオ」を通して、食とはなにか、料理とはなにかという根源的な問いを発信している。表面上は、食べもののルーツを歴史的に紹介していくスタイルだ。歴史チャンネルの様相を呈しているので、これをきっかけに歴史に興味を持っ…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」こぼれ話。スシの変化から見る「イノベーション」の環境因子

「たべものRadio」のこぼれ話です。 さて、そろそろ「世界へ広がるスシ」のシリーズも終盤。もう収録は終わっているんだけどね。 江戸時代になって、もうびっくりするくらい「すし」が変わっちゃった。もともと鮨も鮓も、漢字の意…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」と教科書の効用。 2022年2月1日

大人になってからは開くこともなかった教科書が、今になって大活躍している。もちろん「たべものラジオ」の参考文献としてね。 改めて読んでみると、これはとんでもなく良い本だなと思うのだ。 ところどころで、この解釈はちょっといた…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」のこぼれ話。誕生のその前。 2022年1月29日

「たべものラジオ」のこぼれ話です。 今まで、語ったことがなかった「たべものラジオ」の誕生以前の話。 ラジオの本編やインタビューでは、誕生直前の話をしている。ぼくら兄弟を含めた家族が厨房で話をしている時に、食材や料理のルー…

今日のエッセイ 「たべものラジオ」こぼれ話。味覚が不思議に思えてきた。 2022年1月16日

「たべものラジオ」のこぼれ話です。ちょっと前にビールのシリーズが公開された。マジでびっくりするくらい情報量が多くてさ。とてもじゃないけれど、全部を語ることは出来ないなと。 で、そろそろ次のシリーズが始まるのだけれど、今回…